RSS
Admin
Archives

おもちゃを求めて三千里

主にドール(オビツ50)中心の不定期ブログ。たまに一人旅にも出ます。

プロフィール

紳士マン

Author:紳士マン
趣味:ドール、漫画、イラスト、旅行、スイーツ食べ歩き。
元ゲーマーですが紆余曲折の末、オビツ50に魅せられて
しまいました。
お金がかかる趣味ばかりで毎月が大変ですが、
「楽しいは正義」ということで・・・(^^;)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2012.04
17
Category : 素体改造記事
Theme : ドール
Genre : 趣味・実用
今回は、オビツ25の首軸を、ボールジョイントに交換した過程の記事となります。
DSC_3352.jpg


オビツ素体の首軸ボールジョイント化の改造工程は、既に沢山の方が記事として作られていて、

改造に着手する際に、参考にさせてもらい、完成させることが出来ましたので、目新しさは特に無いのですが、

今回も、自分用のメモ書きという形で、その過程を記載していきます。



特に、この改造をする際に、記事を参考にさせてもらいましたthieriさんには、改めてお礼申し上げます。



※注意

  今回の記事は、素体の写真が多数出てくるので、このような記事に不快感を持たれる方は、

  読み飛ばしてもらうように、よろしくお願いします。




○拍手コメント、ありがとうございました!

 注意書きが必要な記事の下で申し訳ありませんが、冒頭部分は素体は出ませんので、
 
 思い当たる方は、ご回答を記載しましたので、よろしくお願いします。
M様

記事へのコメントとご訪問、いつもありがとうございます!

新シリーズはご覧になった通り、今までとは異なる手法で寸劇を作ってみたかった所と、

スナップ写真という、漫画等で出てきそうな形で表現しましたが、

先行している寸劇との関連性を出したかった所がありました。


「さあら」の過去と「私」の存在と関係も、寸劇が進むにつれて明らかにしていければ・・・と、考えていますw

みすず達の寸劇の合間に入れていく予定なので、時間がある時にでも、覗きに来てもらえると嬉しいですw









本題に戻りまして、今現在の ありさの素体はオビツ25なのですが、随所に手を加えている状態になっています。
DSC_3336.jpg


その内訳ですが、オビツ23膝下パーツ + 首軸のボールジョイント化 + 手首をオビツ27に変更 となっています。

初めてお迎えした際に、寸劇の表現を広げるために可動域の広いオビツ23SBHから始めましたが、

ボディを変更して、ここまで手を加えるとは、当時は思ってもいませんでした・・・(笑)


今回は、 「 首軸のボールジョイント化 」 にした経緯から、記載していきます。



右の素体はオビツ25ですが、意外にも首軸の可動域が狭く、見上げるポーズや首をかしげるポーズが困難でした。
DSC_3337.jpg


また、素体に付属していたヘッドのアダプターの大きさがかみ合わず、アダプターが取れてしまったりするなど、

不安定な状態が続いていました。


そこで首の可動域の強化と、首の安定化を図るために、首軸のボールジョイント化に踏み切りました。

今回はオビツ25で作成しましたが、オビツ23SBHでも同様の方法で作成出来ることは確認済みです。



以下に、今回使用した工具等を記載しますが、基本的にプラモデルしか作ったことがないので、

改造に適していない工具もあるかと思われます。



左から、瞬間接着剤、棒やすり、スポンジやすり、ハンドソー、ニッパー、そしてピンバイスという工具です。
DSC_3338.jpg


ピンバイスとは、ドリル針を使用して、穴を開ける工具のことです。



このピンバイスの先端に、2.8mmのドリル針を付けています。
DSC_3339.jpg


この大きさを選んだ理由は、以下に記載したボールジョイントのジョイント部分よりも穴を小さく開けることにより、

内部フレームに、はめ込んだ時に、しっかりと固定するためです。



ちなみに、写真には無いですが、素体を分解するためのプラスドライバーも必要です。



材料は、5mm、8mmのタミヤ透明プラ材パイプ、コトブキヤ製のボールジョイント ( L ) と・・・
DSC_3340.jpg


一番右の材料は、プラスチック製のワッシャー ( サイズ 内径5 × 外径12 × 厚み0.8 ) です。

ネジ留めで使われるプラ製のワッシャーですが、東急ハンズなどの専門店の方が見つけやすいです。

ボールジョイントは、ブラックとグレーがありますが、どちらを選択しても問題はありませんでした。


ここでワッシャーを準備した理由を記載しますが、万が一ジョイントが外れたり、破損した時に、

ヘッドの方に作成したアダプターが入り込んでしまうことを防ぐためです。

ピュアニーモのヘッドを下から見ると、 内径8mm、外径12mm の、円形のくぼみがありますが、

ワッシャーがアダプターに付いていれば、ここで食い止めることができます。


もちろんワッシャーに関しては、必ずしも必要ではないので、無い状態でも作成は可能です。



それでは、具体的な作業に移ります。



素体の内部フレームに改造を施すので、両腕を取り外し、そのまま胸パーツを引っ張って外装を取り外します。
DSC_3343.jpg


ヘッドアダプターがついている場合は、そちらを取り外してから作業に移ります。



内部フレームの先端にある、首がスイングするように止められている部品を、先端の尖った工具で押し出します。
DSC_3344.jpg


非常に小さい上に、固く組み込まれているので、作業中の怪我にだけはお気をつけ下さい。

( 自分は勢いあまって、ドライバーを指に刺してしまいました・・・ )



取り外した後に、凹部分が残りますが、その根元からハンドソーで切り落とし、ヤスリで切断部分をある程度整えます。
DSC_3345.jpg


ハンドソーでなくても、ニッパーで凹部分を切り落として加工しても、問題は無いかと思われます。



次に、ボールジョイントを準備し、受け軸の左右にあるジョイント部分を、ニッパーであらかじめ切り落とします。
DSC_3347.jpg


この時点でボールジョイントを準備したのは、次の作業で穴の深さを確認する時に使用するからです。



内部フレームの切断面の中央にピンバイスで、先ほど準備したボールジョイントが根元まで刺さるまで、穴を開けます。
DSC_3346.jpg


こちらも細かい作業となるので、怪我には十分に気を付けてもらえれば・・・と思います。

もしも、ピンバイスが回しづらい時は、先に穴を少し開けておくと作業がスムーズに進みます。



ボールジョイントが根元まで刺されば、それなりに固定されるので、受け軸の部分は完成となります。
DSC_3348.jpg


ピンバイスのドリル針が、2.8mmであれば、ピッタリはまりますので、接着剤等は不要となる上、

取り外しも容易なことから、後々のメンテナンスも楽になります。



次に、ヘッドを支える役割を持つ、透明プラ材パイプの切り出し作業に入ります。
DSC_3349.jpg


5mmと8mmを準備したのは、組み合わせることによって、ボールジョイント部分とヘッドに対する、

アダプターの役割にするためです。

切り出す長さは、ピュアニーモのヘッドの個体差はあると思いますが、基本的に30mmの長さが必要になります。


ワッシャーを使う場合は、可動域に影響がないように、27mmで準備します。



先ほど作成した首ジョイントに、胸パーツを差しこみ、受け皿を胸パーツの首ギリギリになるように、はめ込みます。
DSC_3350.jpg


ワッシャーを使う場合は、組み立てる前に、ヤスリでワッシャーの外径を1mmほど削っておくと、接続が容易になります。


そして下から順に、ワッシャー、5mm透明プラ材パイプ、8mm透明プラ材パイプと重ねていき、

瞬間接着剤で、首の根元の部分から、5mm透明プラ材パイプまでの間を、3mmほど開けて接着をし、

完全に乾いた後、5mm透明プラ材パイプと、8mm透明プラ材パイプを重ねるように接着します。


上過ぎると、首が浮き上がり、下過ぎると、首の可動に影響があるので、調整が難しいかと思われます。

また、透明プラ材パイプを接着する際に、ワッシャーまで接着しないように、気をつけて下さい。


ワッシャーを使わなければ、そのままボールジョイントの丸い部分の上に、少し余裕を持たせて、

5mm透明プラ材パイプと、8mm透明プラ材パイプを重ねて接着すればOKです。

どちらかというと、ワッシャーが無い方が、可動域がアップしますので、何個か作っておくと便利かもしれません。



ボールジョイントと、透明プラ材パイプが、しっかりと接着されたら完成です。
DSC_3351.jpg


瞬間接着剤によっては、透明プラ材パイプが白色化しますが、もともと見えない部分なので、問題は無いかと・・・


ヘッドを入れてみて、もしも浮き上がるようでしたら、透明プラ材パイプを削って調整していきます。


乗せるヘッドによっては、首が安定せず、回ってしまうなどのケースがありますが、

透明プラ材パイプにマスキングテープを巻いたりして、調整することは可能です。


ちなみに、オビツ23SBHでボールジョイント化の改造をした時、首をそらすようにポーズを取ると、

胸パーツの前傾姿勢による猫背が少し改善されて、見栄えが良くなるという副産物があります。



それでは、ボールジョイント化している 「 ありさ 」 のアクション(?)を、何枚かアップしておきます。
DSC_3335.jpg


上下左右に動くので、首を傾げたり、見おろしたりするポージングが、容易に表現できるようになりました。



こちらの写真は、いわゆる 「 おねだり 」 ポーズですね(笑)
DSC_3353.jpg


ジョイントが1軸しかないとはいえ、この可動範囲になるメリットは、大きいと思われます。



最後は、「 お部屋で、くつろぎポーズ 」 を・・・
DSC_3354.jpg


今回の改造は、それなりに時間と手間がかかりますが、その効果は大きいので、

もしもオビツ23SBHや、25を使っていて、表現の幅を広げたい時に、有効かと思いました。

Comment

非公開コメント

効果は抜群だ!!

ボールジョイント化はさすがの効果ですね。
むしろオビツさんも小さい素体をリニューアルするノウハウはあると思うのですが、やはりマイノリティな趣味ゆえ、新規開拓は難しいのだろうか…。

元々プラモブログだったので、家にはかなりのボールジョイントとかディテールアップパーツが余ってるはずですが、そういえばオビツ21を改造したことないですね。

あまり気にしてなかったですが、やはり最後の3枚を見ると効果は抜群ですね~。
かなり昔に首を折ってしまった素体があるので、をれでちょっと試作してみようかな…?

No title

こんばんは~

う~む、凄いですね・・・
こうした方法があるなんて驚きです。
私はこうした作業が苦手ですけど、いつかやってみたいです。

No title

自分は半球同士を合わせたような可動にしてしまったのですが
ボールジョイントのほうがより自由度が高くていいですね。

そしてワッシャー!
これは全く思いつきませんでした!
以前ヘッドの中にパーツが落ちて、取るのにすごく難儀した経験があるので、
次の機会があったら是非とも真似させていただきたいと思います。

可動域が増えると表現の幅も広がって、ポーズつけるのが楽しくなりますね。
特に首は少し傾げただけでも可愛らしさが跳ね上がりますしw
おねだりポーズのありささんは反則級のかわいさですw

No title

以前thieriさんに見せてもらったときに気になって素体は買ってあったのですが、
必要材料が不明だったのでとても参考になりました。
なるほどこう作っていたのかぁ……と感心させられます。
寸劇などをやっているとどうしてもニーモ素体だと可動が制限されてしまうのでいいな~と思っていたのですが、面子も無駄に増えてしまいオビツ化は見送っていました。
ありさちゃんの写真見てたらもう一度オビツ素体を見直してみる気になってきたので、参考にさせてもらいますねw

その後、ありささんの行方を知るものは誰も居なかった・・・(笑)

やっぱ素体アレンジってスゴイですね☆
見上げるシチュエーションの多いありささんには有効な改造ですね♪
自分には知識も勇気もないのでなかなか難しそうです・・・^^;

ありささん、後ろ~!(笑)
お部屋でリラックスするのは良いですがクッションの上で
奥義「ながらポテチ」は色んな意味で危険だと思います^^;(笑)

お勧めですw

shin様

コメント、ありがとうございました!

> ボールジョイント化はさすがの効果ですね。
> むしろオビツさんも小さい素体をリニューアルするノウハウはあると思うのですが、
> やはりマイノリティな趣味ゆえ、新規開拓は難しいのだろうか…。

素体の出来はとてもいいですから、そろそろリニューアルされると嬉しいですよねw
価格が安く部品も手に入り易いので、改造しやすさはあるのですが、
やはりデフォルトで、不満が無い方がいいですから・・・w

だんだんと規模は大きくなっているとはいえ、他のホビーと比べると、まだまだ市場が小さいので、
オビツ25のように共同開発という形で裾野が広がると、個人的には嬉しいですw

> 元々プラモブログだったので、家にはかなりのボールジョイントとか
> ディテールアップパーツが余ってるはずですが、そういえばオビツ21を改造したことないですね。

基本的にはオビツの可動と保持力に関しては、かなりの優秀さを誇りますから、
寸劇メインの自分としては、とても気に入っている素体ですw
手間がかかるのは、内部フレームの改造と、ワッシャーを使った時の長さの調整部分ですので、
一度素体を作れば、アダプターを何種類か準備するだけで、自分好みの首軸が完成すると思われます。
オビツ21は未確認ですが、もしも材料があるのでしたら、チャレンジしても面白いかもしれませんねw

> あまり気にしてなかったですが、やはり最後の3枚を見ると効果は抜群ですね~。
> かなり昔に首を折ってしまった素体があるので、をれでちょっと試作してみようかな…?

使わなくなった素体があるようでしたら、再生の意味でもボールジョイント化はおすすめかと・・・w
特に首の上下の幅が大きくなるのと、首の不安定さが無くなるのは、非常に大きなメリットだと思います。

挑戦して良かったですw

冬音様

コメント、ありがとうございました!

> こんばんは~
> う~む、凄いですね・・・
> こうした方法があるなんて驚きです。

今回の記事は、thieriさんのオビツ改造記事を参考にして作成しているので、
発案されたthieriさんは、本当に凄いと思います!
ボールジョイント化は、純正のアダプターよりもしっくりくることから、
ヘッドの受け軸の保護にもなり、個人的にはその点が一番のメリットだと思っています。

> 私はこうした作業が苦手ですけど、いつかやってみたいです。

オビツ素体は比較的安く、パーツも入手しやすいので、もしもご興味があるようでしたら、
チャレンジするのも面白いかと・・・w
首の可動範囲が広がると表情がそれだけ増えますので、個人的にも撮影していて、
とても面白かったですw

おねだりポーズ、いいですよねw

稲村10円様

コメント、ありがとうございました!

> 自分は半球同士を合わせたような可動にしてしまったのですが
> ボールジョイントのほうがより自由度が高くていいですね。

半球同士のジョイントですか!
それは、個人的にも拝見してみたいですねw
ボールジョイント化は、首軸の可動による表情のアップと、
ヘッド保護にもつながることから、挑戦してみて良かったと思っていますw

> そしてワッシャー!
> これは全く思いつきませんでした!
> 以前ヘッドの中にパーツが落ちて、取るのにすごく難儀した経験があるので、
> 次の機会があったら是非とも真似させていただきたいと思います。

自分も一度、オビツ純正のアダプターをヘッドに入れてしまったことがあり、
かなり大変な思いをしましたのですが、thieriさんに一度素体を見せてもらった時に、
この部分の材料などが不明だったことから、自分なりに想像して調べた結果、
プラ製のワッシャーなら使えるかも・・・と思い、使用してみましたw

ボールジョイントは、まだ改造の余地があると考えられるので、代替案が出てきたら、
随時、更新しようかと思っていますw

> 可動域が増えると表現の幅も広がって、ポーズつけるのが楽しくなりますね。
> 特に首は少し傾げただけでも可愛らしさが跳ね上がりますしw
> おねだりポーズのありささんは反則級のかわいさですw

お褒めのお言葉、ありさも喜んでいます!
この表情とポーズで、おねだりされると、ついポテチとか渡したくなりますね(笑)
可動域が増えることによって、寸劇の幅も増やしていければ・・・と思っていますw

美しさと可動、両方を持つ素体が欲しいです・・・w

J様

コメント、ありがとうございました!

> 以前thieriさんに見せてもらったときに気になって素体は買ってあったのですが、
> 必要材料が不明だったのでとても参考になりました。
> なるほどこう作っていたのかぁ……と感心させられます。

オビツ素体をお持ちなんですね!
首軸の可動域を広げると、表情のバリエーションも広がるので、時間があるようでしたら、
是非ともお勧めの改造だと思いますw
今回の記事だと、内部フレームの改造の手間と、ワッシャーの取り付けの調整が微妙すぎるので、
また時間を作って、プランを練ってみようかと思っていますw

> 寸劇などをやっているとどうしてもニーモ素体だと可動が制限されてしまうので
> いいな~と思っていたのですが、面子も無駄に増えてしまいオビツ化は見送っていました。
> ありさちゃんの写真見てたらもう一度オビツ素体を見直してみる気になってきたので、
> 参考にさせてもらいますねw

ニーモ素体は、あのシルエットの美しさが魅力的ですよねw
自分の場合は寸劇の都合上、すぐにオビツ素体に変更してしまったのですが、
ポージングも容易ですし、一度チャレンジされても面白いかと思われますw

ライリさんのオビツボディ化・・・個人的にも是非、見てみたいと思っていますw

丑三つ時を超えても、お説教の声が響いてたとの噂が・・・w

ぴよち様

コメント、ありがとうございました!

> やっぱ素体アレンジってスゴイですね☆
> 見上げるシチュエーションの多いありささんには有効な改造ですね♪
> 自分には知識も勇気もないのでなかなか難しそうです・・・^^;

自分はプラモデルしか作ったことが無く、正確な寸法を測る技術も機材も無いのに、
つい、イメージで始めてしまう所がありますが・・・(笑)
結果的に使えそうだな・・・と思えればラッキーだと思っています(笑)
不器用な自分でも何とか出来たので、ぴよちさんも、是非チャレンジされてはいかがでしょうかw

そにこ先輩などの大きさの異なる方々を見上げる時は、この改造のおかげで、
かなり容易になりましたw

> ありささん、後ろ~!(笑)
> お部屋でリラックスするのは良いですがクッションの上で
> 奥義「ながらポテチ」は色んな意味で危険だと思います^^;(笑)

最後の写真へのツッコミ、ありがとうございます(笑)
ついに「奥義」にまで成長した(笑)、ありさの「ながらポテチ」・・・w
そにこ先輩に怒られても、こればかりはどうしても直らないようですね(笑)

この後、あっけなく捕獲されて、一晩中みっちりとお説教を聞いていたと想像されます・・・(笑)

No title

これは良いですね。
テンションを首軸だけに持たすのではなくヘッド内部でも少し持たせて安定化させているのですかね?
ワッシャーという脱落時の保険まで付いてとってもお得な改造だと思います。

オビツボディの首稼動は有って無いような物なのでこの改造で表情も増えて一気に見違えますね。
私も真似させてもらいますね。

あと、おねだりポーズ可愛過ぎです!

No title

プラワッシャーは良いアイデア!!
コレは真似させていただくレヴェル!!

チョロっと経験者から・・・
☆BJはPP製なので#100くらいで軸を荒らしておくとラッキー☆
(食いつきが良くなりますよ~)
☆瞬着のツキが悪いのでなるべくプライマーを塗布するとハッピー!
(アロンの製品に有ります。ちょっとだけ向上します)
☆『受け側』がたまに割れるのは気にしない!

BJ化でますます可愛さUPですね!

ありさちゃん!うしろ!うしろっ!!

No title

ご無沙汰しております;;

ウチの小さいコも基本的にオビツ25なので大変参考になりました。
確かに首ジョイントは不安定なので、なんとかしたいなと思っていたんですよ(^^;

素体の動きが良くなれば、表現の幅もグっと広がりますものね。
参考写真のありささんの生き生きしたポーズに効果がよく表れてます^^

早速、今度時間見つけてチャレンジしてみようと思います(´▽`)

No title

ボールジョイントカスタムお疲れ様でした!
紳士マン様のお宅のお嬢様達が
自然なポーズで写真に写っているのは、
こういった一手間が加えられていたからなのですね~‼

可愛い「おねだり」ポーズのありささんになら、
きっとそにこ先輩もポテチを許して…くれるでしょうかw⁇

今まであまりボディのカスタムは意識してこなかったのですが、
まだまだドールに手を掛けてあげることがありそうだな、
と実感しました。
今回のカスタム記事、とても勉強になりました‼

またご意見を聞かせてもらえれば・・・と思っていますw

南風原様

コメント、ありがとうございました!

> これは良いですね。
> テンションを首軸だけに持たすのではなくヘッド内部でも少し持たせて安定化させているのですかね?
> ワッシャーという脱落時の保険まで付いてとってもお得な改造だと思います。

お褒めのお言葉、恐縮してしまいます・・・
基本的にthieriさんのアイデアと記事が無ければ、作ることは出来なかったのですが、
ヘッド内部とワッシャーで挟むような感じで、固定させているイメージです。
ワッシャーを付けない方がよく動くので、どちらのアダプターも作っておいて、
ケースバイケースで使い分けることも可能かと思われます。
言葉よりも一度現物を見せられれば、ご意見をさらに伺えると思いますので、
機会があれば、よろしくお願いしますw

> オビツボディの首稼動は有って無いような物なのでこの改造で表情も増えて一気に見違えますね。
> 私も真似させてもらいますね。

元々装備されていた内部フレームのスイングは、外装に干渉してしまい、
動きが制限されていたと思われます。
ボールジョイントはその問題点を解消できるので、表情のバリエーションを増やす意味でも、
かなり有効な改造だと思いました。
自分の改造だけでは、まだまだだと思いますので、何かいい方法があるようでしたら、
ご意見をしてもらえると嬉しいです!

> あと、おねだりポーズ可愛過ぎです!

首の動きを表現するのに、一番いいのはどれだろう・・・と考えて、最初に思いつきました(笑)
まるでポテチをねだっているように見えるのは、ありさ=ポテチのイメージが、あまりにも
強いからなのでしょうか・・・(笑)

改造記事、参考にさせてもらい、ありがとうございましたw

thieri様

コメント、ありがとうございました!
thieriさんの記事のおかげで、何とか作ることが出来ましたw
改めて、お礼申し上げます!

> プラワッシャーは良いアイデア!!
> コレは真似させていただくレヴェル!!

thieriさんが見せてくれた脱落防止部品が、当時はどうしても分からなかったのですが、
ワッシャーを見た時に「これかもしれない!」と、宝物を見つけたかのように、
喜んでいました(笑)
もう少し改良が必要な箇所だと思っていますので、実際にご覧頂いて、
ご意見を聞かせてもらえると嬉しいですw

> チョロっと経験者から・・・
> ☆BJはPP製なので#100くらいで軸を荒らしておくとラッキー☆
> (食いつきが良くなりますよ~)
> ☆瞬着のツキが悪いのでなるべくプライマーを塗布するとハッピー!
> (アロンの製品に有ります。ちょっとだけ向上します)
> ☆『受け側』がたまに割れるのは気にしない!

ご指摘の通り、ボールジョイントと透明プラ材パイプの瞬着のツキが悪くて、
よくズレたりしていたのですが、なるほど、軸を荒らしておくのですねw
次回作る際に、試してみようかと思います!

受け側もやはり割れるんですね・・・
接着はしていないので、交換しやすくしたのが、もしかしたら役に立つかもしれませんねw

> BJ化でますます可愛さUPですね!
> ありさちゃん!うしろ!うしろっ!!

首を傾げたりすることが容易になったことで、顔の表現が広がったことと、
元々のアダプターがかみ合わなかった点も解消され、個人的にも嬉しい改造となりましたw

ふりむくと、いつもの笑みを浮かべながら、ゆっくりと手を伸ばしてくる そにこ先輩・・・
ありさにとって、何度目かの長い夜の始まりです・・・(笑)

首ジョイントの不安定さを改善するには有効かと・・・w

HapiBeat様

コメント、ありがとうございました!

> ご無沙汰しております;;

お仕事が多忙な中、コメントを頂き、ありがとうございますw
ご無理をせずに、体調にだけはお気を付け下さい・・・w
またイベントなどでお会いできることを、楽しみにしています。

> ウチの小さいコも基本的にオビツ25なので大変参考になりました。
> 確かに首ジョイントは不安定なので、なんとかしたいなと思っていたんですよ(^^;
> 素体の動きが良くなれば、表現の幅もグっと広がりますものね。
> 参考写真のありささんの生き生きしたポーズに効果がよく表れてます^^

お言葉、とても嬉しいですw
今回の改造に踏み切ったのも、首ジョイントの不安定さからでしたので、
この問題が解決できたことと、表情にバリエーションを増やすことも出来て、
寸劇メインの自分としても、かなり有効な改造となりましたw

オビツ25はバランスも良く、他の素体同様、自分好みのスタイルに改造できるお手軽さもあって、
個人的には、一番好きな素体になっています。
首の動きに関しては、デフォルトのままだと物足りなかったのですが、ボールジョイントにしたおかげで、
制限が無くなったのは、大きいかと・・・w

> 早速、今度時間見つけてチャレンジしてみようと思います(´▽`)

今度、イベントで小さいコを連れていきますので、説明不足な所もお見せできれば、
感覚的にも分かるかと思われますw
かなり有効な改造だと思いますので、時間があれば是非・・・w

あの期待を込めた瞳は反則かと・・・(笑)

つみき様

コメント、ありがとうございました!

> ボールジョイントカスタムお疲れ様でした!
> 紳士マン様のお宅のお嬢様達が
> 自然なポーズで写真に写っているのは、
> こういった一手間が加えられていたからなのですね~‼

お言葉、とても嬉しいですw
可動には定評のあるオビツ素体のおかげで、文章力の乏しい自分でも、
写真というイメージで、助けられている感じですが・・・(笑)
今回の首軸の強化で、もっと寸劇の幅を広げていけるように、努力していきます!

> 可愛い「おねだり」ポーズのありささんになら、
> きっとそにこ先輩もポテチを許して…くれるでしょうかw⁇

この期待を込めた瞳を向けながら「おねだり」ポーズをされてしまうと、
自分では、いくらでもポテチを出したくなってしまいます(笑)
しかしながら、作法に厳しい そにこ先輩のことですから、
心の中では動揺しつつも、お許しまでには至らなさそうですね(笑)

> 今まであまりボディのカスタムは意識してこなかったのですが、
> まだまだドールに手を掛けてあげることがありそうだな、
> と実感しました。
> 今回のカスタム記事、とても勉強になりました‼

過分なお褒めの言葉、恐縮してしまいます・・・
自分もまだ1/6サイズでしか、素体のカスタムをしたことが無いのですが、
いずれはオビツ50などの1/3サイズにも挑戦したいと思っています。

手を掛ければかけるほど、ドールは愛着がどんどん湧いてきますよねw
素体だけでなくメイクなどにも挑戦していきたいと思っていますので、
色々とご指導してもらえると、とても嬉しいですw