RSS
Admin
Archives

おもちゃを求めて三千里

主にドール(オビツ50)中心の不定期ブログ。たまに一人旅にも出ます。

プロフィール

紳士マン

Author:紳士マン
趣味:ドール、漫画、イラスト、旅行、スイーツ食べ歩き。
元ゲーマーですが紆余曲折の末、オビツ50に魅せられて
しまいました。
お金がかかる趣味ばかりで毎月が大変ですが、
「楽しいは正義」ということで・・・(^^;)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2011.03
18
前回の記事どうり、通常のコント等も再開したいと思います。
改めて、今後ともよろしくお願いします。

DSC_1000.jpg


様々な出来事があって公開が遅くなっていましたが、今更ながら「ひな祭り」のコントです。

以前、河津桜を見に行った時に「つるし雛」を見る機会がありました。
勝浦などと比較すれば規模は小さかったのですが、面白い形の雛人形なども展示してあり、
非常に興味深かったです。
どの時代でも無病息災を願う心は変わらないと思われるので、このような伝統行事はずっと受け継がれて
欲しいと思っています。

いつもの注意書きですが、このような記事に抵抗のある方や興味の無い方は、読み飛ばしてもらえると幸いです。
みかづき 「え~っと、確かこの辺りに置いていたと思うんだけど・・・」
DSC_1002.jpg


みすず 「う~ん、見当たらないね・・・」
DSC_1001.jpg


みかづき 「探し物ってものは、必要な時に出てこなくて、必要の無い時になって出てくるのよね~」


みすず 「そうだね・・・あっ!あったよ、おねーちゃん。」


みかづき 「おおっ、こんな所に隠してあったのか~。よしっ、早速飾ってみようか。」
DSC_1003.jpg


みすず 「じゃあ、このテーブルに・・・」



ゴソゴソ・・・



みかづき 「じゃーん! ひなまつりせっと~ ♪」

DSC_1004.jpg


みすず 「小さいけど可愛いね~。でも、年に一回しか使わないから、ほこりも凄かったけど・・・」


みかづき 「よし!飾り付けも終了したし、甘酒と桜餅でも持ってこようかな♪」


みすず 「ちょっと待っておねーちゃん、女雛はどこにいるの?


みかづき 「えっ?どこって・・・」


みすず「・・・ほら、男雛しか飾っていないよ~」
DSC_1005.jpg


みかづき 「そんなことは・・・箱の隅っこまで探したの?」

みすず 「うん、ひっくり返しても出てこないんだよ・・・」



みかづき 「それじゃ、男雛だけの『男雛まつり』になっちゃうじゃないの!」


みすず 「それじゃもう、女の子のお祭りじゃないよ~。」



みかづき 「確かに・・・掛け声が聞こえてきそうな感じの『ひな祭り』
         
       になっちゃうか・・・」










みかづき 「それにしても、寂しいひな祭りね・・・まるで 女雛に愛想を尽かされた
       
       ような感じじゃない・・・」


DSC_1008.jpg


みすず 「確かに、寂しいよね・・・そうだ、代わりといっては何だけど、代理を・・・」
DSC_1010_20110316203155.jpg



みすず 「・・・よし!これで寂しくないよね、おねーちゃん♪」

DSC_1012.jpg



みかづき 「すずきち君・・・これはこれで問題ありでしょ!
       
       いうなれば種族を超えたひな祭りと

       申しますか・・・」





みすず 「え~っ、可愛いのに・・・」


みかづき 「可愛ければいいってもんじゃないでしょ! まったく・・・
    
       まあ、とりあえずその牛は『2号さん(仮)』と名づけておこうか。」




みすず 「違うよ~その子は 『モー太郎』 だよ。」



みかづき 「はいはい、じゃあ、しばらくは 『モー太郎2号(仮)』 に、正妻の座を与えておこう。」


みすず 「しくしく・・・」


みかづき 「とにかく、もう一度収納棚を調べてくるから、みすずは甘酒を準備しておいてよ。」
DSC_1015.jpg


みすず 「あっ、私もいくよ~。」







みかづき 「・・・で、またまた関係ない代物が出てくる訳ね。」


みすず 「♪」
DSC_1017.jpg


みすず 「そういえば、みすずは昔から掃除中に他の物に夢中になる、典型的な

      片づけ下手のタイプだったわよね。」




みすず 「可愛い~♪ これは以前、北海道のおみやげでもらった 『だんぱ』 だよ!」



みかづき 「はいはい、それは次回のコントで使おうね~すずきち君。」

みすず 「おねーちゃんの意地悪・・・」



みかづき 「・・・あれっ、みすず、その生き物の下に何か転がっていない?」

みすず 「えっ、どこどこ?」


みかづき 「ほら、そこに・・・」
DSC_1019_20110316204641.jpg



みすず 「あっ!おねーちゃん、女雛だよ!」


みかづき 「見つかって良かったけど、何でその 生き物 にくっついていたんだろう・・・」


みすず 「も~っ、生き物じゃないよ。 『だんぱ』 だよ~」



みかづき 「はいはいっ・・・って、あれ?そういえば・・・」

みすず 「おねーちゃん、何か思い出したの?」



みかづき 「確か・・・去年雛人形をしまう時に、女雛だけ片づけ忘れてつい 手近なチャックに

       入れちゃったんだっけ・・・」



みすず 「も~っ、おねーちゃんたら、片づけ下手なんて人にいえないよ~。
   
      それに 『だんぱ』は収納袋じゃないんだからね。




みかづき 「片づけ下手よりもそっちにツッコミが・・・流石、 可愛い物好き のすずきち君ですね・・・」







みかづき 「ふう・・・これでやっと完成ね。」
DSC_1020.jpg


みすず 「おねーちゃん、これでひな祭りが出来るね♪」



みかづき 「みすずっ、ご褒美に甘酒プリーズ、プリーズ!」



みすず 「おねーちゃんてば、こういうのはお雛様を見ながらお話したりするのも大切なんだよ。」



みかづき 「ん~そうね、じゃあ少しはひな祭りらしく、 我が家の雛合わせ といきましょうか。」

DSC_1023.jpg


みすず 「雛合わせ?」

みかづき 「雛人形を持ち合って、比較したり自慢したりすることよ。」

みすず 「おねーちゃん、よく知っているね~そんなこと。」

みかづき 「凄いでしょ~。ではでは・・・」


みすず 「な、何、おねーちゃん、にじりよってきて・・・」
DSC_1024.jpg



みかづき 「我が家の雛合わせ・・・私としては、 みすずがその役にふさわしい
     
       と思うのよね~♪」




みすず 「ええ~っ!」



みかづき 「さあさあ、早速この衣装に着替えましょうね~♪」



みすず 「ま、また、この展開になっちゃうの~!」

DSC_1025.jpg







そして片づけ下手の二人に、後日もう一つの探し物が発生するのでした。
DSC_1026.jpg





「男雛まつり」 END





以上でコント「男雛まつり」は終了です。

この記事を作成中に震災が発生した為、通常の記事を一時中断していたことから
あまりにも時期はずれとなってしまったので、このコントは廃案にすることも考えましたが、
自分自身の気持ちの整理として、最後まで作成することにしました。

最近のコントでは、「みすず」「みかづき」がストーリー内で自然に動くに任せているので、
展開や結末が大きく変化するパターンが増えてきています。
今回もその一つでしたが、それだけ2人の存在感が増しているのだと思っています。
ようやくドールの奥の深さが、分かってきた気がしました。

Comment

非公開コメント

No title

>さあさあ、早速この衣装に着替えましょうね~
もう当たり前の光景になってきましたね☆ミ
いつでも傍にいてくれる、慰めてくれる我が家のドール達はすっかり大切な存在になってます。

>河津桜
調べてみました。私もそのうち行ってみたくなりました。静内(新ひだか町)の二十間道路桜並木が綺麗だったのを思い出しました。

ありがとうございます。

冬音様

いつも感想ありがとうございます!
だんだん「みすず」「みかづき」の性格が定着
してきたので、撮影していく都度、最初に考えた
ストーリーと異なった反応をするようになってきたので、ある意味で先が読めなくて面白くなってきています。
それでも今のような動きをする展開になるとは
ブログを開始した時には思ってもいなかった
です(笑)

冬音様のブログの写真を拝見していると、本当に
ドール達が大切なパートナーだということが
感じられます。
様々な顔や表情を見せてくれるドールは本当に
奥が深いと改めて思いました。

>二十間道路桜並木

北海道のさくら名所100選に入っている場所ですね。
桜は東海道から近畿の方は旅行で見に行ったことが
あるのですが、東北、北海道はまだ行ったことが
なくて・・・旅行のパンフレットなどを見ましたが
北海道独特の突き抜けるような道路に、一面の桜が
咲いているのを見て、実際に見に行ってみたいと
思いました。
北海道は、美瑛などで感じることのできた、青空の下で果てしなく続いていると錯覚してしまう道と
自然が気に入っています。