RSS
Admin
Archives

おもちゃを求めて三千里

主にドール(オビツ50)中心の不定期ブログ。たまに一人旅にも出ます。

プロフィール

紳士マン

Author:紳士マン
趣味:ドール、漫画、イラスト、旅行、スイーツ食べ歩き。
元ゲーマーですが紆余曲折の末、オビツ50に魅せられて
しまいました。
お金がかかる趣味ばかりで毎月が大変ですが、
「楽しいは正義」ということで・・・(^^;)

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2014.06
26
Category : 素体改造記事
Theme : ドール
Genre : 趣味・実用
今回は、ピコニーモ素体の股関節保持力アップの改造記事となります。
DSC_5134.jpg


最近はオビツ11やピコニーモの素体改造、同サイズのアイペ挑戦など、取り扱う機会が多くなっていますが、

ピコニーモ素体を扱っている際に、股関節の保持力が甘いことが以前から気になっていました。

各関節を見直された新素体の発表があったとはいえ、まだまだ現行の素体も使っていきたい・・・

と悩んでいたのですが、thieriさんからアドバイスを頂き、無事に問題点を解決することが出来ましたので、

自分のメモを兼ねて、記事にすることにしました。



※注意

  今回の記事は、素体の写真が多数出てくるので、このような記事に不快感を持たれる方は、

  読み飛ばしてもらうように、よろしくお願いします。
ピコニーモの股関節の保持力の強さは、個体差が激しく、ポージングが困難なことが多々ありました。
DSC_5135.jpg


それなら素体に手を加えて問題点を解消しようと考え、最初は股関節を分解して瞬間接着剤を注入して、

軸を太らせる方法を取ろうと思いましたが、股関節の部品は素材の違う部品との組み合わせになっており、

一度分解するとかなりの確率で湾曲してしまい、再度の組み直しが非常に困難でした。

また、分解をせずにそのまま瞬間接着剤を注入しながら、適度に動かす方法もありましたが、

こちらは油断すると回転軸まで固まってしまい、確実性がありませんでした・・・



そこでアドバイスを頂いたのは、木工用ボンドです!
DSC_5136.jpg


木工用ボンドは素材を溶かして接着することは無いので、そのまま注入してもリスクは低いと思います。

もしも定着されても、軸を回転させれば容易に可動させられますので、

手間が少ないにも関わらず、得られる効果がとても大きく、オススメの改造方法かと・・・

木工用ボンドは、100円ショップなどで安価で入手できます。



それでは、今回の改造を行った手順を、以下に記載をしてきます・・・



まずは木工用ボンドを流し込みやすくする為に、股関節から下の部分を取り外します。
DSC_5137.jpg


写真は、そのままの状態で座らせていますが、実際の作業では寝そべらせて足を上に向けると、

作業がしやすいかと思われます・・・



中身出てしまう為、キャップがついたままですが、股関節の付け根に木工用ボンドを流し込んでいきます。
DSC_5138.jpg


もしも直接で流し込みづらい時は、不要の割り箸などを利用すると、手を汚さずに塗布できるかと思います。

最初は白色化していますが、透明になるまで一日ほど乾かしておいて、様子を見ていきます。



作業後、乾燥させた状態の写真です。
DSC_5139.jpg


ちょっと確認しづらい写真かもしれませんが、股関節と腰の内部にボンドの跡が見えますでしょうか・・・?

股関節の部分だけでも十分な保持力が得られる筈ですが、

もしも変化が少ないようでしたら、腰の内部にも塗布して、摩擦箇所を大きくすれば、

ある程度は関節の渋みが出てくるかと思われます。


加工後、足を曲げるなどのポージングをしても、自重に耐えきれずズルズルと落ちることもなく、

ストレスを感じることは少なくなりましたので、大満足の結果となっています・・・w



・・・ちょっと駆け足気味となってしまいましたが、以上で改造記事は終了となります。
DSC_5140.jpg


実際の作業としては非常にシンプルなのですが、その効果の大きさはかなりのものかと・・・w

今回の問題点を解消するために、独自で方法を調べてはいたのですが、

木工用ボンドの存在には気付きませんでした・・・

自分一人だと同じ方向性ばかり考えてしまい、今回のような解決策を見いだすことはできなかったです。


改めまして、アドバイスを頂きました thieriさんには、この場を借りてお礼申し上げます。

Comment

非公開コメント

お疲れ様でした

紳士マンさんの素体稼働に対する情熱…正に「探求者」ですね、改造お疲れ様でしたm(_ _)m

小さな素体は部品そのものも小さいから改造も一苦労~でも紳士マンさんの望み通りの稼働が得る事が出来て良かったですね(^_^)v

No title

分かり易い解説をありがとうございます!
これで迫力あるポージングを追及できますw

No title

おおっ!無事実施したのですね!
上手くいって大成功ですね。

お気に入りの素体ですもん。
やっぱり出来るだけ可愛がってあげたいですよね。
これで更にポージングに磨きがかかりますね☆
レポ乙です!!

木工ボンドφ(..)

にーも系のヒザカックンに困っておりましたが、応用できそう
ですね。何体かは瞬着でやりましたが、確かに乾き具合による
固着の心配がありますからねー。うまくいかなくともダメージ
少なそうなのが良いです♪

アドバイスを頂けて、ようやく出来ましたw

川倉 優様

コメント、ありがとうございます!

> 紳士マンさんの素体稼働に対する情熱…正に「探求者」ですね、改造お疲れ様でしたm(_ _)m

寸劇を作る際のポージングの幅を広げたい気持ちから素体改造を始めましたが、
すでにライフワークになってしまった感がありますね・・・w
自分はプラモデルしか作ったことがありませんが、出来るだけ手間のかからない方法で、
不満のある個所を直し、記事を読んで頂いた人が改造をする際に、
情報の一つとして役立ててもらえたら幸いだと思っています。

> 小さな素体は部品そのものも小さいから改造も一苦労~
> でも紳士マンさんの望み通りの稼働が得る事が出来て良かったですね(^_^)v

おっしゃる通り、元々不器用なので改造を行っている際に手元が狂い、
よくパーツを落としてしまっては、慌てて探すことがしょっちゅうです・・・(笑)
素体改造は失敗も多いですが、上手く行った時の達成感もありますので、
今回の改造で気に入ったピコニーモ素体になってくれたことから、
カスタムヘッドなどにもチャレンジしやすくなりますねw

お手軽で効果絶大です!

マッスル☆松尾様

コメント、ありがとうございます!

> 分かり易い解説をありがとうございます!
> これで迫力あるポージングを追及できますw

ちょっと駆け足気味の説明だとは思われましたが、大丈夫だったでしょうか・・・?
ピコニーモの関節の緩さは色々と話題になっており、特に股関節は問題だと思っていました。
今回のボンド加工は、他の関節でも使えると思いますので、
股関節と合わせて、チャレンジしてはいかがでしょうか・・・?

アドバイス、ありがとうございました!

thieri様

コメント、ありがとうございます!

> おおっ!無事実施したのですね!
> 上手くいって大成功ですね。

とても貴重なアドバイスを頂けたおかげで、問題点を解決することが出来ましたので、
大変お世話になりました!
本文でも書きましたが、関節強化のアイテムとして瞬間接着剤にこだわり過ぎていましたので、
自分一人で考えていたら、ずっと悩み続けていたと思われます・・・

> お気に入りの素体ですもん。
> やっぱり出来るだけ可愛がってあげたいですよね。
> これで更にポージングに磨きがかかりますね☆
> レポ乙です!!

ピコニーモやオビツ11は、小さいながらもそれぞれの素体の魅力が凝縮されていて、
とても素晴らしい素体だと思います!
素体改造によってポージングに幅が出てくると、撮影も楽しくなってきますし、
初心者ですが、ヘッドのカスタムなどにも挑戦したくなってきますw

また気になる個所がでてきたら、素体の改造をしていこうと思っていますので、
もしも行き詰った時は、またアドバイスを頂けると嬉しく思います。

膝や肘などの補強にも使えそうですね!

げる様

コメント、ありがとうございます!

> 木工ボンドφ(..)
> にーも系のヒザカックンに困っておりましたが、応用できそう
> ですね。何体かは瞬着でやりましたが、確かに乾き具合による
> 固着の心配がありますからねー。うまくいかなくともダメージ
> 少なそうなのが良いです♪

木工用ボンドは、フィギュアやプラモデルでも使われる道具との話しを聞きましたが、
今回の改造で、とても汎用性が高いと感じました。
溶剤でないので安心して使えるし、乾燥後は透明になるので、
コメントにありました、にーも系の膝関節などの見栄えする箇所にも、
応用に使えると思います・・・w